転職日記

【40代転職希望者必見】面接の秘訣(未経験から電気工事士への転職)

40歳で無資格・未経験で電気工事会社に転職し、
現在も電気工事士として働いている
このブログの管理人 貴泉(きせん)といいます。
貴泉(きせん)
貴泉(きせん)

 

「手に職を」と決心し、40代で電気工事士への転職をする際に、

 

・未経験の電気工事士の求人ってどうなの?

・面接の時などの秘訣とかあるの?

 

と悩むことがありませんか?

 

そこで、この記事では、40歳で無資格・未経験で電気工事士に転職した管理人が、

「求人の応募から面接まで、40代未経験者の電気工事士に転職する際の秘訣」について記事にしてみました。

 

この記事を読めば、転職活動を行う上で必ず有利になります。

 

 

40代の「未経験」からの電気工事士への求人応募

 

まずは、求人情報について知っておきましょう。
貴泉(きせん)
貴泉(きせん)

 

 

「未経験者歓迎」「40代多数」は鵜吞みにしないこと

 

電気工事士の求人情報を見ていくと、

「未経験者歓迎」の一言が記載されていることがあります。

 

「よっしゃ~!未経験者歓迎なんだ!」と喜ぶのは早いです。

管理人も経験していますが、「未経験者歓迎」を鵜呑みにして面接に行くと、

「あれ?何か歓迎されていないような…」という雰囲気を感じ取れます。

 

「40代の社員も多数活躍」という記載も注意してください。

「自分と同じ40代がたくさんいるなら安心」などと、安心はできません。

年齢は一緒かもしれませんが、そのほとんどの社員は10年以上の経験者でしょう。

 

しかも、未経験で40代の転職ともなると、

「ホントは20代・30代の社員が欲しいんだけど…」という会社側の本音も聞こえてきそうです。

 

会社側の立場で考えれば、「経験者」や「即戦力」、「若い」人材を求めるのが当然です。

ところが、電気工事士は人手不足…。

仕方なく、「未経験者歓迎」と掲載しているので、まずはそこを頭に入れて転職活動をしていきましょう。

 

「40代」&「未経験者」であることを自覚し、

謙虚に転職活動を進めましょう。

貴泉(きせん)
貴泉(きせん)

 

 

求人情報はハローワークと複数の求人情報をチェック

 

先にも書きましたが、電気工事会社も「経験者」や「即戦力」、「若い社員」を求めます。

しかし、人手不足ということもあり、「未経験者」や「40代も可」の求人もあります。

 

しかし、当然ですが、「経験者」や「20代・30代」の求人に比べれば、その数は少なくなります。

 

そのため、そのような求人を見つけるためにも、ハローワークの求人だけではなく、求人サイトを2~3つはチェックするようにしておいた方が良いです。

 

「未経験者」に加え、
管理人のように「無資格」となると、
募集はさらに少なくなります…。
貴泉(きせん)
貴泉(きせん)

 

 

気になった求人募集には積極的に連絡をする

 

管理人も経験がありますが、「未経験者歓迎」「40代も可」という求人情報を見て、

「どうしようかな?」と迷っているうちに、その求人募集がなくなっていたことが多くあります。

 

「未経験者・40代も可」という求人が少ないので、当然競争率も高くなります。

焦ってしまうこともいけませんが、40代の転職はある程度思い切った行動も必要です。

 

仕事の内容や給与、待遇面をチェックして、
早めに応募してみるのも得策です。
転

 

 

40代を生かした転職活動の面接対策

 

20代や30代にはない、
40代の持ち味を生かした面接対策で
転職活動を成功させましょう。
貴泉(きせん)
貴泉(きせん)

 

求人情報から、うまく面接までしていただけるようになったら、しっかり面接対策をしておきましょう。

 

 

①やる気を見せる

 

40代での電気工事士への転職活動において、一番大切なのが「やる気」をどれだけ伝えられるかということです。

 

では、どうすれば「やる気」が伝わるか…

 

・電気工事士になりたい理由を熱く語る。

・第二種電気工事士の資格を取得しておく。

 

短い面接中にできることはこれぐらいではないかと考えます。

 

こちらもどうぞ
第二種電気工事士試験 筆記試験の勉強方法

続きを見る

 

「電気工事士になりたい理由」は、やはり「手に職をつける」というストレートなもので良いと思います。

 

「会社に貢献できる社員になる」「お客様の笑顔のために」という志願理由も立派です。

しかし、実際に現場の職人さんたちは、「食っていく」ために働いています。

 

下手な建前の志願理由を述べるよりも、ストレートに

「食っていくために、電気工事士として一人前に稼げるようになりたいです!」と語った方が印象は良いはずです。

 

これまでいろいろな電気工事会社の社長と話したことがありますが、

「変に格好をつける奴は、すぐに会社を辞めてしまう」という悪い印象を持つ方もいらっしゃいます。

 

 

あと、やはり「第二種電気工事士」の資格を取得していた方がやる気は見せられます。

資格を取得してから、電気工事士への転職活動を進めることをおすすめします。

 

しかし、管理人のように「無資格」であって、どうしても転職をしたい場合は、

 

・電気工事士試験の勉強に取り組んでいる。

・職業訓練校に通っている。

 

ということで、「無資格」でもやる気を見せることはできます。

 

実際に管理人も職業訓練校に通っている時に面接を受け、

「職業訓練校で勉強して、本当に電気工事士を目指しているんだ」ということで、「やる気」を伝えることができました。

 

こちらもどうぞ
ハローワークや職業訓練校に関する記事です。

続きを見る

 

40代は「背水の陣」的な覚悟を面接時に見せることも
転職活動の大事なところです。
貴泉(きせん)
貴泉(きせん)

 

 

②コミュニケーション能力を見せる

 

「40代未経験者の転職活動で、会社が一番期待するところは何か?」と言われれば、コミュニケーション能力です。

 

電気工事士の仕事も、施主様(お客様)や現場監督、同僚や他の業者の職人さんたちと仕事をすることが多いのです。

コミュニケーションをしっかり取ることで、次の仕事に繋がったり、効率的に仕事が進められるようになります。

 

では、面接時にどのようにして、コミュニケーション能力を見せるのか?

 

ズバリ、話を聞くことです。

 

電気工事の会社の場合、社長自ら営業をされて仕事を取り、見積りをされる会社が多くあります(会社の業種や規模にもよりますけど…)。

これまで、電気工事会社の社長さん方とお話をさせていただいた経験から、

 

社長さん方は、話をされるのが好きということが分かります。

 

社長自ら営業をされて、仕事を取られるので、当然無口な方では仕事はいただけません。

それに、若い時からたくさんの現場の経験をされてきた社長さんも多くいらっしゃいます。

 

面接の時にも、社長さんが面接をされることが多いはずです。

その時に、転職活動をされる皆さんにいろいろ話をされるはずです。

そのお話をしっかり聞きましょう。

 

その会社では、採用が見送られることもあるかもしれません。

ただ、社長さん方のお話は転職活動を進めるうえで、かなり貴重なお話を聞けるかもしれません。

 

実際に管理人も、面接をしていただいた社長の若い時の話、苦労した体験談などを聞かせていただき、

「あぁ、電気工事士になりたいという自分の考えは甘かったな…」と不採用を覚悟していたところ…、

 

「キミはしっかり人の話を聞けるね。そういう姿勢は大事だよ。やる気があるなら、うちの会社に来なさい」と言っていただき、採用決定。

 

コミュニケーション能力の大事なところは、

まず、人の話をしっかり聞けるかどうかにあります。

 

そのことを頭に入れて、面接などに臨むことが大事だと考えます。

 

実際に現場で働くときも、
人の話をしっかり聞くことは大事なことです。
貴泉(きせん)
貴泉(きせん)

 

 

③ユーモアも大切

 

面接時に大事なことは、面接をしてくださった方(電気工事会社の場合、社長が多いです)が、

「この人とだったら一緒に働きたいな」と思われることが大切です

 

では、どうするか?

その一つの手が、「ユーモアのあるところを見せる」ということです。

 

電気工事士も監督やお施主様(お客様)、たくさんの職人さんや同僚と仕事をします。

その時にユーモアがあると、次の仕事をいただけたり、他の職人さんや同僚の協力を多く得られることができます。

 

「この人、面白いからまた仕事を頼みたい。また仕事を一緒にしたい」と思われるためには、やはりユーモアは必要です。

 

管理人の場合、スーツを着た時に友人から、

「お前、裁判官みたいだな」と言われたのを覚えていて、面接をしていただいた社長に、

「履歴書の写真、スーツで撮ったんだね」と言われたので、

「はい。スーツを着ると裁判官に見えるらしいです♪」と思い切って言ってみると…。

 

社長と近くでそれを聞いていた事務員さん大爆笑。

「キミ、なかなか面白いね♪」と言っていただきました。

 

それが採用の決め手になったかどうかは分かりませんが、コミュニケーション能力とちょっとしたユーモアは採用されるのに大切なことです。

 

こちらもどうぞ
ユーモアとはちょっと違いますが、このような一言も大切です。

続きを見る

 

 

④面接時にやってはいけないこと

 

最後は、面接時にやってはいけないことをまとめました。

 

・服装はスーツで臨む。

・自慢話をしない、反感を買うような話をしない。

 

 

まずは、面接時の服装について。

面接はスーツで行くようにしましょう。

 

「え?そんなの当然じゃないの?」と思われる方もいらっしゃると思います。

ところが、現場で話を聞くと、結構Tシャツにジーパンなどのラフな服装で面接に来る方が多いのです。

 

「10代・20代の若い人ならしょうがないか…」という現場の声もありますが…。

さすがに40代でラフな服装で面接に行けば、

「こいつ常識あるのか?」「電気工事の仕事をナメているのか?」と疑われます。

 

 

あと、面接時に自慢話をする方が結構いるようです。

 

・「こんなスゴイ業績を出していました」という自慢話。

それは、「会社」の業績であって、「あなた」の業績ではありません。

 

そのような話をするのであれば、

「この仕事をする時には、こんな工夫をしました(自分で考えて行動できることをアピール)」

「仕事をする際は、上司とよく相談し、同僚と協力して業務にあたりました(協調性をアピール)」

と、このように話を進めることが大事です。

 

・「学歴」や「前職の経験」をベラベラしゃべらない。

これも結構多いようで、とにかくしゃべりすぎるのも良くないです。

 

学歴や前職での経験を自慢するかのようにしゃべり、

「自分はスゴイ人間なんだぞ」というのをアピールする人。

 

忘れてはいけないのが、「40代で未経験で電気工事士」になるということです。

学歴を自慢しても、周りの職人さんは、学歴など関係なしに、ご自身の努力で腕を上げています。

 

前の仕事の経験はほとんど役に立たないと思って良いです。

 

そのような自慢話をしても、

「何だ、コイツ?」「生意気な奴だな」と反感を買うだけです。

 

謙虚な気持ちを持って、
自己アピールは要点をまとめて話すことが大事です。
貴泉(きせん)
貴泉(きせん)

 

 

面接の秘訣(未経験から電気工事士への転職) まとめ

 

今回は、求人の応募から面接まで、40代未経験者の電気工事士に転職する際の秘訣をまとめてみました。

 

・求人情報はなるべく多く得られるようにしておく。

・時には思い切って、求人に応募する行動力が大事。

・面接の時は「やる気」と「コミュニケーション能力」をアピールしましょう。

 

求人情報をしっかり見て、求人先の担当者に連絡。

面接までにできる限り、事前準備しておくことが大切です。

 

この記事が皆さんの転職活動の参考になれば幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

貴泉(きせん)

アラフォー新人電気工事士です。 趣味はイラスト・マンガを描くこと、ゲーム、旅行です。 いろいろな資格の取得も目指しています。 取得済みの資格は、二級ボイラー技士、危険物取扱者(乙種4類)、第一種電気工事士、第一種衛生管理者です。

-転職日記

© 2022 転電虫(てんでんむし) Powered by AFFINGER5