4コマ漫画(転電虫)

アラフォー男の電気工事士マンガ【第134話】

電気工事士マンガ 転電虫【第134話:テンション 上げ上げ↑↑】

 

 

あとがき

 

自分の会社では、ある程度大きな現場が終わると、次の現場まで少し間を空けます。

 

会社の社長の方針もあり、その時に、材料や工具、作業車等の片づけをしたり、図面や書類の整理をします。

(もちろん、連続で大きな現場に入らなければならない時もありますが…)。

 

職人さんによっては、ここで有休を取って、リフレッシュされる方もいらっしゃいます。

 

現場の仕事ではないので、この時だけは結構のんびりできるのですが、時々同僚から応援要請の連絡が入ります。

 

ある時、同僚から、

「現場が忙しくて、〇〇邸の仕上げ工事に行ってもらえませんか?」との連絡が。

 

まぁ、住宅の仕上げ工事なので、一人でも全然問題なし。

図面だけ受け取り、現場に向かい、住宅の中に入ると…。

 

「こんにちは。電気屋で~す…」

 

シーーーーーーーン…

 

誰もいません。

住宅の仕上げ工事で、時々あるのですが、仕上げの時期になると、職人さんが極端に少なくなることがよくあります。

 

その時は、誰も工事に来ておらず、自分一人で作業することに。

「いや~、ノビノビ作業ができる~♪」と、ハイテンションに。

 

普段、カラオケには行かないのに、鼻歌を歌いながらノリノリで作業をしていきます。

しかも、難しい工事もないので、どんどん作業も進み、自分のタイミングで休憩。

 

たまに一人で作業することがあるのですが、こういう時は結構テンションが上がってしまいます。

 

本編第135話はこちら
人の現場に行くと…。

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

貴泉(きせん)

アラフォー新人電気工事士です。 趣味はイラスト・マンガを描くこと、ゲーム、旅行です。 いろいろな資格の取得も目指しています。 取得済みの資格は、 ・二級ボイラー技士 ・危険物取扱者(乙種4類) ・第二種電気工事士 ・第一種電気工事士 ・第一種衛生管理者 ・ボイラー整備士(試験合格のみ) ・第三種冷凍機械責任者です。

-4コマ漫画(転電虫)