4コマ漫画(転電虫)

アラフォー男の電気工事士マンガ【第33話】

電気工事士マンガ 転電虫【第33話:高所恐怖症の電気工事士】

 

あとがき

恥ずかしい話というか、自分は高いところが大の苦手です。

 

自分が「電気工事士に向いてないな」と思うのが、

・作業が遅い…(経験が足りないのか、応用力がないのか…)。

・図面が覚えられない…(図面を見ても、実際の建物のイメージが全然つかめません…)。

・高いところが大嫌い(致命的です…)。

 

最初に、今の会社に入って、体育館の電灯器具の交換作業の時には、足がブルブル…。

「これで、電気工事士やっていけるのか?」と、本当に思いましたね…。

 

実際に、工事の時は、足場の上で作業をしたり、高い脚立を使ったり、電柱に登ったりと、高いところの作業がかなり多くあります。

今から、電気工事士になりたいと思う方で、高所恐怖症の方は気をつけた方が良いかと…。

 

今のところ、事故もなく作業ができていますが、高いところの移動がとにかく遅く、他の作業員よりも時間がかかります。

 

マンガで描いた、大ベテランのロックさんは、歳なのに高いところが大好き。

足場の上も、高い脚立も、電柱も、かの有名な「クモ男」のようにササッっと登っていきます。

 

で、自分が高いところが苦手だと、ロックさんが知った時に、マンガのように足をガッと握ってきます。

 

「力が入り過ぎだよ~」って、アドバイスしてくれてるみたいなんですけど、マジで怖いんでやめてほしいです…。

 

本編第34話はこちら
お待たせしました。電動工具あるあるです。

続きを見る

まんが王国
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

貴泉(きせん)

アラフォー新人電気工事士です。 趣味はイラスト・マンガを描くこと、ゲーム、旅行です。 いろいろな資格の取得も目指しています。 取得済みの資格は、二級ボイラー技士、危険物取扱者(乙種4類)、第二種電気工事士、第一種電気工事士(免許状なし、試験合格のみ)です。

-4コマ漫画(転電虫)

© 2021 転電虫(てんでんむし) Powered by AFFINGER5