4コマ漫画(転電虫)

アラフォー男の電気工事士マンガ【第87話】

電気工事士マンガ 転電虫【第87話:かき消される掛け声】

 

 

あとがき

 

工事の際、埋設で配管をしておき、後から電線を入線することが良くあります。

電線も結構な長さのものを入線しなければならない時もあるため、工事の工程表を見ながら入線作業をするのですが…。

 

なぜか、入線作業をする時になると、はつり工事や外の重機を使った工事などと一緒になることが多いのです。

(急遽その日に、重機を使った作業をしないといけないことが多いのですが…)。

コンクリートを削る音やブロワーの音、油圧ショベルの音など…。

とにかく、かなりの轟音の中で入線作業をしなければなりません。

 

離れたところにいる社員さんに聞こえるように、大きな掛け声を出すのですが、全然伝わらず…

こういう時に限って、トランシーバーを会社から持って来ていない…。

携帯電話のスピーカーを使いながら作業をすればいいのでしょうが、これも結構作業がやりづらくなります。

(最近、イヤホンマイクで作業している人もいたので、今度試してみようかと)。

 

そのまま作業を続けていると、声がガラガラになります…。

 

一度、重機の音に負けないように、メチャクチャ大声で掛け声を出していたら、近所の方に、

うるせぇーーー!!」って怒られたことは良い思い出です…。

 

電気工事士の仕事(建築現場全般ですが)って、いろいろ大変です…。

ご理解の程、よろしくお願いいたします<m(__)m>

 

本編第88話はこちら
電話に出てくれない…。

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

貴泉(きせん)

アラフォー新人電気工事士です。 趣味はイラスト・マンガを描くこと、ゲーム、旅行です。 いろいろな資格の取得も目指しています。 取得済みの資格は、 ・二級ボイラー技士 ・危険物取扱者(乙種4類) ・第二種電気工事士 ・第一種電気工事士 ・第一種衛生管理者です。

-4コマ漫画(転電虫)

© 2022 転電虫(てんでんむし) Powered by AFFINGER5