4コマ漫画(転電虫)

アラフォー男の電気工事士マンガ【第122話】

電気工事士マンガ 転電虫【第122話:動かぬ証拠】

 

 

あとがき

 

電気工事士になって、実際に働いてみると、本当にいろいろな現場に行き、

「あぁ~、こういう仕事もあるんだな…」と思うことがよくあります。

 

住宅やマンション、工場や店舗の電気工事が一番多いのですが、毎年あるイベントの電源工事をさせていただいています。

 

初めてイベントの電源工事をした時は、

「あぁ、これも電気工事士の仕事なんだな」と改めて、電気工事士の仕事の範囲の広さに驚きました。

 

そのイベントは、毎年2~3日間開催されるものでした。

ある時、イベントの主催者から

「電源トラブルに備えて、イベントの時に常駐できませんか?」とのお話が。

 

数年間、そのイベントの電源工事を会社でさせていただいているのですが、それまでトラブルはなし。

ただ、主催者の方からのお願いなので、自分とベテラン職人ロックさんが常駐することに。

 

事務所で待機させていただいていましたが、トラブルは全くなし。

途中、ロックさんが、

「トラブルがないから、ちょっと別の現場を見てくる」と行って外出。

 

しばらくして、ロックさんが戻ってくると、

「いや~、別の現場は忙しかったぞ~」と言ってきたのですが、頭には盛大な寝ぐせが…。

 

「サボって寝てやがったな!!」

まぁ、サボることを予見できなかった自分も、まだまだ経験が足りないなと思いました。

 

ただ、ロックさんがサボっている間、イベントの時に仲良くなったお店の方から、

「ご苦労さん、これ食べてね♪」と、たくさんの差し入れが♪

 

イベントの常駐もなかなかお得だな、と感じた仕事でした。

 

本編第123話はこちら
段取りはバッチリだけど…。

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

貴泉(きせん)

アラフォー新人電気工事士です。 趣味はイラスト・マンガを描くこと、ゲーム、旅行です。 いろいろな資格の取得も目指しています。 取得済みの資格は、 ・二級ボイラー技士 ・危険物取扱者(乙種4類) ・第二種電気工事士 ・第一種電気工事士 ・第一種衛生管理者です。

-4コマ漫画(転電虫)