4コマ漫画(転電虫)

アラフォー男の電気工事士マンガ【第37話】

電気工事士マンガ 転電虫【第37話:電気工事士の腰道具】

 

あとがき

腰道具って、「職人さん」って感じで、今の会社に入って、初めて付けた時はちょっと感動しましたね。

 

この腰道具も、その職人の個性が出るところですが、

 

まずは、初心者レベル(転)。

とにかく、あれこれと工具を腰にぶら下げる。

まぁ、悪いことではないのでしょうが、何も考えてないとこうなりますね。

しかも、アラフォーの自分には少しずつ腰へのダメージが…。

 

続いて、ベテランレベル(師匠)。

その日の作業内容を把握し、いらない工具を作業者に。

必要最低限の工具を持ち歩いています。

 

これって、結構大事で、師匠レベルだと瞬時に判断できますが、自分は前日から図面を見たり、作業を頭でシミュレーション

そうすることで、必要な工具はもちろん、材料の準備などもできます。

また、器具のつけ方や工法の疑問点などの洗い出しができます。

 

まぁ、これをやっても結構あちこちに抜けがあったりするのが、まだまだな証拠です…。

 

さらに、超ベテランレベル(ロックさん)。

こうなると、作業をイメージし、

「あれは、あいつが持ってるな」、

「あれはあいつから借りられるな」と、どんどん工具を持ち歩かず、終いには何も持ってこなくなります。

 

こうなると、達人を通り越して、仙人レベルです(ただ、周りは迷惑しますけど…)。

 

本編第38話はこちら
笑い話になってるからいいけど…

続きを見る

まんが王国
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

貴泉(きせん)

アラフォー新人電気工事士です。 趣味はイラスト・マンガを描くこと、ゲーム、旅行です。 いろいろな資格の取得も目指しています。 取得済みの資格は、二級ボイラー技士、危険物取扱者(乙種4類)、第二種電気工事士、第一種電気工事士(免許状なし、試験合格のみ)です。

-4コマ漫画(転電虫)

© 2021 転電虫(てんでんむし) Powered by AFFINGER5