4コマ漫画(転電虫)

アラフォー男の電気工事士マンガ【第130話】

電気工事士マンガ 転電虫【第130話:何が悪いんだ?】

 

 

あとがき

 

工事が完了すると、監督さんと業者さんが集まり検査を行います。

 

その検査で、キズや汚れ、取り付け方が悪いなどの施工不良があると、付箋などに補修内容を書いて貼っておきます。

その付箋を見て、業者さんが後から補修を行います。

 

ある新築住宅の工事をさせていただいた時の話。

 

工事も終わり、検査も完了。

そこを担当していた会社の職人さんが、他の現場に行くことになり、

「補修内容は付箋に書いているので…」ということで、新築住宅へ補修に行くことに。

 

補修を行っていると、スイッチに何も書かれていない付箋が…。

「う~ん、取り付けは良いし、スイッチが傾いているわけでもないし…」と、何が悪いのか全く分からず。

 

監督さんに連絡すると、検査の後にたまたま住宅を見に来られた施主様から、

「この部屋のスイッチのネームを『洋室』から『子供部屋』に変えて欲しい」と言われようで。

 

監督さんも、

「分かりました!」と急いで付箋を貼ったため、変更内容を付箋に書くのを忘れたようでした。

 

まぁ、施工不良じゃなくて良かったのですが…。

 

こうやって、監督さんと業者さんみんなでチャックし、お客様に良い品物を届けるこの検査は、すごく良い取り組みですね。

 

本編第131話はこちら
せっかく積み込んだのに…。

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

貴泉(きせん)

アラフォー新人電気工事士です。 趣味はイラスト・マンガを描くこと、ゲーム、旅行です。 いろいろな資格の取得も目指しています。 取得済みの資格は、 ・二級ボイラー技士 ・危険物取扱者(乙種4類) ・第二種電気工事士 ・第一種電気工事士 ・第一種衛生管理者です。

-4コマ漫画(転電虫)