4コマ漫画(転電虫)

アラフォー男の電気工事士マンガ【第132話】

電気工事士マンガ 転電虫【第132話:余計な一言】

 

 

あとがき

 

職人さんにとって、工具は必需品であり、大事な仕事の道具です。

自分も休みの日になると、腰道具を持って帰り、工具の汚れを拭いたり、油を差したりして手入れをするように心がけています。

 

そんな工具なので、現場でなかなか工具の貸し借りというのはないのですが、バッテリーが切れてしまったり、うっかり持ってくることを忘れることもあります。

 

そんな時に、他の職人さんに工具などをお借りすることもあるのですが、大事にされている工具。

扱いは慎重に、汚れなどはきれいに拭き取ってお返しします。

 

自分も時々、他の職人さんから

「工具を貸してもらえないか?」と言われるのですが、もちろん「どうぞ、どうぞ♪」でお貸しします。

 

お互い様の建設現場ですが、職人さんの中には、工具を返される時に、

「これも飲んでね♪」と、コーヒーやお茶まで準備してくださる方も…。

 

こういう気遣いができる方の行動は、しっかり見習いたいですね。

 

しかし、中にはその逆の職人さんもいて、工具をお貸しして、返される時に、

「いや~、やっぱり自分の工具が一番使いやすいね」などと言われる方も…。

 

確かに、自分が普段使い慣れている工具が一番使いやすいでしょうが、この場で言わなくても…。

そんな余計な一言を言わないように気をつけたいと思います。

 

本編第133話はこちら
電気工事士による、ばらまき事件…。

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

貴泉(きせん)

アラフォー新人電気工事士です。 趣味はイラスト・マンガを描くこと、ゲーム、旅行です。 いろいろな資格の取得も目指しています。 取得済みの資格は、 ・二級ボイラー技士 ・危険物取扱者(乙種4類) ・第二種電気工事士 ・第一種電気工事士 ・第一種衛生管理者です。

-4コマ漫画(転電虫)