4コマ漫画(転電虫)

アラフォー男の電気工事士マンガ【第25話】

転電虫【第25話:口元注意】

あとがき

電気工事士になって、「よくやるようになったな」と思うことが、物を口に咥えることです。

 

仕事をしている中で、時々、「腕が2本じゃ、足りない!」と思うことがあります。

そんな時に、口にビスなどを咥えておくと、確かに仕事がやりやすくなります。

 

また、脚立を使って仕事をする時などは、できるだけ上り下りを少なくするために、材料やビスなどをできるだけ多く持っていきたいものです。

そういう時にも、やはり口に物を咥えて脚立を上って行ったりします。

 

で、電気工事士なりたての時に、摩擦熱で熱くなったビスを、マンガで描いたように口に咥えてしまって、火傷をしそうになったことがありました。

その時は、脚立作業ではなかったのですが、脚立の上で、火傷でもしようものなら、脚立からの墜落事故にもなりかねませんでした。

 

新人がカッコつけようとすると、痛い思いをすることになりますね…。

 

とにかく現場では、安全第一。

事故やケガにつながる行動は、絶対に避けなければいけませんね。

第26話はこちら
電気工事士の材料運び、大変です…。

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

貴泉(きせん)

アラフォー新人電気工事士です。 趣味はイラスト・マンガを描くこと、ゲーム、旅行です。 いろいろな資格の取得も目指しています。 取得済みの資格は、二級ボイラー技士、危険物取扱者(乙種4類)、第二種電気工事士、第一種電気工事士(免許状なし、試験合格のみ)です。

-4コマ漫画(転電虫)

© 2021 転電虫(てんでんむし) Powered by AFFINGER5