4コマ漫画(転電虫)

アラフォー男の電気工事士マンガ【第52話】

電気工事士マンガ 転電虫【第52話:変身!?】

 

 

あとがき

 

よく現場では墨(目印)出しを行います

 

壁(石膏ボードや木の板)のできるところに、スライドボックスなどを柱に固定し、電線をそこに入れておきます。

大工さんが壁を作った後に、スライドボックスのあった位置の石膏ボード等に穴をあけます。

その時に、どこにスライドボックスなどを固定したかが分かるように墨を床などに書いておきます。

 

地域や会社などで墨の書き方は違うと思うのですが、時々これを書き忘れて、ボックスアッター(金属探知機)のお世話になることも…

 

だいたい、墨の書き方は「コンセント」や「スイッチ」、「テレビ」などの器具と、床からの高さを書くようにしています

 

で、ある新築住宅の墨出しをしていた時のこと。

コンセントやスイッチなど墨出しをして、大工さんが壁を貼っていたのですが、次の日に現場に行ってみると…。

 

コンセントマークがブタさんに♪

大工さんに、

「コンセントマークがブタさんになってるんですが?」って聞いたら、

コンセントがおいしい物でも食べてブタになったんじゃないの?」っと言っていましたが、犯人は確定しました♪

 

まぁ、こんな悪戯なら面白いので(マンガのネタにもなるし)、全然OKなんですが♪

 

ただ、昔はひどい悪戯というか、嫌がらせもあり、ワザと電気屋さんのボックスの中にゴミやコンクリートを入れてたりすることもあったようです。

今ではそんなことをする職人さんもいなくなってますけどね。

 

本編第53話はこちら
こんな人ほど怒ると…

続きを見る

 

まんが王国
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

貴泉(きせん)

アラフォー新人電気工事士です。 趣味はイラスト・マンガを描くこと、ゲーム、旅行です。 いろいろな資格の取得も目指しています。 取得済みの資格は、二級ボイラー技士、危険物取扱者(乙種4類)、第二種電気工事士、第一種電気工事士(免許状なし、試験合格のみ)です。

-4コマ漫画(転電虫)

© 2021 転電虫(てんでんむし) Powered by AFFINGER5