資格の勉強

第二種電気工事士試験 実技対策【コツ&テクニック編】

第二種電気工事士試験技能試験に使えるコツ&テクニック

実際に自分が使って、時間短縮になったものです。
転

第二種電気工事士の技能試験で、少しでも合格に近づくためにコツ&テクニックを紹介していきたいと思います。

※注意点なども確認しておいてください。

今回、紹介する技能試験に使えるコツ&テクニックは、

 

・ ケーブルストリッパー(自動型)&マスキングテープ

・ ストリップゲージを使わないペンチの活用

 

この二点を紹介・説明していきます。

 

ケーブルストリッパー(自動型)&マスキングテープ

ケーブルストリッパー(自動型)を準備できる方にオススメの方法です。
転

これは、実際に自分が使っていた方法ですが、技能試験でケーブルを剥く時に、100mmで剥くことが多いんですよね。

ケーブルを剥く時に、スケールなどで100mm計って、ケーブルに印をつけて、皮むき、また計って、皮むきの繰り返しだと、時間の無駄なので、

 

と、このようにケーブルストリッパーにマスキングテープを張り付けました。

これで、スケールで計らず、ケーブルを100mm剥くことができるので、結構時間短縮になります。

 

上の画像のように、ケーブルをマスキングテープに合わせれば、100mmの皮むきが楽になります。

※必要な方は、配線用遮断器用に50mmのところにもマスキングテープを張っておくと良いと思います。

 

第一種・第二種電気工事士の技能試験で、この方法を使いましたが、試験官に注意や指摘を受けたことはないので、オススメの方法です。

※これをする時は、マスキングテープを使いましょう。ビニールテープだと、試験後にテープを剥がすとベタベタして、面倒なことになります。

 

ストリップゲージを使わないペンチの活用

現場では、この方法で仕事をしてます。
転

これは、仕事でコンセントやスイッチの取付作業で、ストリップゲージを使って器具付けをしていた時に、同僚から教えてもらった方法です。

現場の職人さんにとっては、当たり前ですが、試験でも時間短縮になるので、オススメの方法です。

 

初めに、このように電線の皮むきをします。

この時、心線(銅線)をちょっと長めになるように、絶縁被覆の皮むきをします。

 

次に、上の画像のようにペンチで心線を切ると、ストリップゲージと同じくらいの長さに心線を切ることができます。

※画像のペンチは、HOZAN(P-43-175)です。ペンチの大きさによっては、心線が短くなったり長くなったりするので注意が必要です。

 

この方法であれば、

・ 引掛シーリング(丸形・角形)

・ 埋込スイッチ

・ 埋込パイロットランプ

・ 埋込コンセント

・ 差込型コネクタ

・ 配線用遮断器

・ 端子台

のストリップゲージを計らずに、接続作業ができます。

 

上の画像のように、欠陥もなく、早く接続作業ができるのでオススメの方法です。

 

第二種電気工事士試験 実技対策【コツ&テクニック編】 まとめ

第二種電気工事士の実技試験は、正確に課題を完成させることも大切ですが、時間内に完成できなければ欠陥となります。

少しでも、時間短縮のコツを取り入れていただいて、合格を目指しましょう。

 

 

こちらも読んでね
実技試験でこんな失敗をしないように…。

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

貴泉(きせん)

アラフォー新人電気工事士です。 趣味はイラスト・マンガを描くこと、ゲーム、旅行です。 いろいろな資格の取得も目指しています。 取得済みの資格は、二級ボイラー技士、危険物取扱者(乙種4類)、第二種電気工事士、第一種電気工事士(免許状なし、試験合格のみ)です。

-資格の勉強

© 2021 転電虫(てんでんむし) Powered by AFFINGER5